カモミールティーの選び方を知っていますか?

スポンサードリンク

カモミールティーの選び方を知っていますか?

カモミールティーの選び方、それも正しい選び方を知っていますか?

 

世界中に数百種類はあると言われるハーブティーの中でも、カモミールティーは比較的よく耳にする、なじみのあるハーブティーではないでしょうか。

 

カモミールティーは、リラックス効果、胃痛・腹痛、生理痛の緩和、花粉症の緩和など、その他にも多くの効能を見込めます。

 

このように、たくさんの効能があるカモミールティーですが、いったいどのような茶葉の選び方をすればいいのでしょうか。

 

今回は、カモミールティーの選び方についてご紹介します。

カモミールティーの選び方を効能から正しく知ろう!

カモミールティーの効能から考えられる正しい選び方についてご説明しましょう。

 

カモミールティーとして飲まれるカモミールは、主にローマンカモミールジャーマンカモミールの2種類に分けられます。

 

その他にもカモミールには種類がありますが、ハーブティーに適していると言われるものはこの2種類です。

 

なので、カモミールティーの選び方としては、この2つを対象に考えるとよいでしょう。

 

見た目にはほとんど変わりがないのですが、ローマンはキク科カマエメルム属の多年草で主に花を使ったハーブですが、花に加え茎や葉を乾燥させて作ることもあるハーブです。

 

一方、ジャーマンはキク科シカギク属の一年草で、花のみを乾燥させて作られたハーブです。

 

それぞれの効能からカモミールティーの選び方を見てみましょう。

 

ジャーマンカモミールは抗菌作用、消化促進作用、ホルモンバランスを整える効果やスキンケアに効果があります。

 

風邪予防や胃痛・腹痛、生理前後の不調、肌荒れの際に飲むのがおススメです。

 

ローマンカモミールは「カマズレン」という鎮静作用や抗炎症作用のある成分を多く含んでいます。

 

イライラや、神経が高ぶっている時に飲むと気持ちが落ち着きリラックスでき、また体に何かしら炎症がある時に効果を発揮します。

カモミールティーの選び方は香りや味で変わります!

次は、味や香りでカモミールティーの選び方を考えてみましょう。

 

まず、ジャーマンカモミールティーは「大地のリンゴ」と呼ばれております。

 

ジャーマンカモミールは、花の部分がリンゴのような甘く、優しい香りがするのが特徴です。

 

クセのない味で、ふんわりとした香りが鼻から抜けていくのが心地よいハーブティーです。

 

一方、ローマンカモミールティーには草や茎、花にも独特の香りがあり、花から淹れたハーブティーには苦みがあるのが特徴です。

 

ジャーマンカモミールティーに比べるとクセがありますが、はちみつや砂糖を加えると飲みやすくなります。

 

2つのカモミールティーの選び方の一つとして、その日の気分や体調に合わせて、飲み分けてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

関連ページ

入れ方
カモミールティーのおいしくて効果的な入れ方はどのようなものでしょうか?ここではカモミールティーの入れ方についてご説明します。
飲みやすく
カモミールティーが飲みづらいから、飲みやすく出来ませんか?という方は、結構いらっしゃいます。ここではカモミールティーを飲みやすくする方法についてご説明します。
水出し
カモミールティーは水出しで作ることもできるんですよ。ここではカモミールティーを水出しで作る方法についてご説明します。