カモミールティーとレモングラスのブレンドは食後が良い?

スポンサードリンク

カモミールティーとレモングラスのブレンドは食後がおすすめ?

カモミールティーとブレンドすると良いものの中には、レモングラスというハーブもあります。

 

他のページでもご紹介していますが、カモミールティーは多くの効能があることで有名ですよね。

 

そんなカモミールティーとブレンドするのに相性のいいハーブはたくさんありますが、今回は食後に飲むのが特におススメな「レモングラス」とのブレンドティーをご紹介します。

 

レモングラスはスパイスとしても有名ですが、ハーブティーにするとレモンに似た爽やかな香りが口いっぱいに広がります。

 

そんなレモングラスティーは、「消化促進作用」や「気分転換」をするのにも効果があります。

 

この2つのハーブティーもまた相性がよく、食後に飲むのが特におススメです。

 

今回はカモミールティーとレモングラスティーのブレンドについてご紹介いたします。

カモミールティーとレモングラスのブレンドティーの特徴は?

カモミールティーとレモングラスのブレンドティーの特徴は、どのようなところにあるのでしょうか?

 

カモミールとレモングラスブレンドティーは、レモンの爽やかな香りが先に漂い、そのあとに甘い香りがほのかにする、スッキリとした味わいが強いハーブティーになります。

 

カモミールティーは、抗炎症作用、抗菌・殺菌作用があり、口腔から胃腸までの消化器系の働きを促進させる効果があります。

 

一方、レモングラスは胃の働きを助けて消化を促進させ、体内の脂肪の分解を促す作用があるとされます。

 

つまり、カモミールティーとレモングラスのブレンドティーを食後に飲むことで、消化促進と胃もたれや腹痛の予防に効果を見込めるわけです。

 

おいしく飲むだけなのに、これはうれしいポイントですよね。

 

また、とてもスッキリとした味わいなので、気分転換などのリフレッシュ効果もあります。

 

そのため、朝の目覚めの1杯にはもちろん、気持ちを切り替えたい時にちょうどいいハーブティーでしょう。

カモミールティーとレモングラスの美味しくなるブレンド方法は?

カモミールティーとレモングラスティーをより美味しく作るためのブレンド方法についてご紹介しましょう。

 

カモミールとレモングラスのドライハーブの量は1対1で用意します。

 

カモミールとレモングラスの茶葉をブレンドしたら、そこへ100℃近いお湯を注いで、じっくりと3〜5分間蒸らしましょう。

 

少ししっかり目に抽出する感じですね。

 

また、レモングラスティーはホットだけでなく、アイスで飲むのもおススメです。

 

なので、暑い季節や、食欲がない時などは、ブレンドティーもアイスにして飲んでみるのもいいですね。

 

カモミールティーとレモングラスのブレンドティーは、ペパーミントの爽やかな味わいとも相性がよいので、ペパーミントのハーブを加えてもいいでしょう。

 

その日の気分に合わせて、カモミールティーとレモングラスティーのブレンドを楽しんでみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

関連ページ

ペパーミント
カモミールティーとペパーミントのブレンドは特におススメと言われています。ここではカモミールティーとペパーミントのブレンドについてご説明します。
ハイビスカス
カモミールティーとハイビスカスをブレンドするとどのようなハーブティーになるのでしょうか?ここではカモミールティーとハイビスカスのブレンドについてご説明します。
リンデンフラワー
カモミールティーとリンデンフラワーをブレンドするとどのようなハーブティーになるのでしょうか?ここではカモミールティーとリンデンフラワーのブレンドについてご説明します。
マロウブルー
カモミールティーとマロウブルーをブレンドするとどのようなハーブティーになるのでしょうか?ここではカモミールティーとマロウブルーのブレンドについてご説明します。