カモミールティーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

スポンサードリンク

カモミールティーは妊娠中に飲んでも大丈夫なの?

カモミールティーは、妊娠中に飲んでも大丈夫なの?と、気にされる女性は結構いらっしゃるようです。

 

確かに、様々な効能があるカモミールティーですが、妊娠中に飲むのはどうなのでしょうか?

 

リラックス効果や、安眠効果、免疫力を高めるなどの作用のあるカモミールティー。

 

カフェインも入っていないし、身体にいいことずくめのカモミールティーなので、妊娠中の母体や胎児にとってもいい影響があると思われがちですが、実は注意が必要です。

 

カモミールティーが妊娠中の母体や胎児に与える影響について、今回はお話したいと思います。

カモミールティーを妊娠中に飲むことの注意点!

では、カモミールティーを妊娠中に飲むことに対しての注意点についてお伝えしましょう。

 

まず、カモミールティーには、子宮の収縮を促す作用や筋弛緩作用があります。

 

そのため、流産や死産を招きやすくなると言われています。

 

ですので、妊娠初期から中期の間は、カモミールティーを飲むのを控えましょう。

 

臨月に入ってからカモミールティーを飲むと、子宮を収縮する作用があるので、スムーズな陣痛を起こし、出産しやすくなるという効果があります。

 

しかし、念のため、頻繁に飲むのは避け、飲む場合は通常より薄めにカモミールティーをつくりましょう。

 

妊娠前にカモミールティーを飲むことを習慣にされている方は、特に注意が必要です。

 

しかし、1杯飲んだからといって、過度に慌てる必要はありませんので、ご心配なさらないでくださいね。

妊娠中のカモミールティーの注意点と、産後のカモミールティーについて

上記でご説明したように、妊娠中、妊娠初期から中期までのカモミールティーは飲むのを控えましょう。

 

それでは、妊娠中に対して、今度は産後のカモミールティーについてはどうでしょうか。

 

産後は、出産のダメージで免疫力が低下して疲れやすくなったり、突然始まる育児の負担と、数々のプレッシャーで疲労が溜まったり、イライラが蓄積されます。

 

そんな時は、カモミールティーの出番です。

 

カモミールティーが持つ免疫力アップと鎮静作用、リラックス作用により、産後のママの体も心もサポートします。

 

また、カモミールティーは母乳分泌を促す作用と血行促進作用があるので、母乳の出を良くします。

 

さらに、乳腺炎の予防や乳腺炎による腫れなどの炎症を鎮める効果があり、またホルモンバランスを整える効果で母乳の出すぎを抑えるという効果もあります。

 

ドイツでは、母乳の出を良くするためにママがカモミールティーを飲むのが当たり前になっているそうですよ。

 

まとめますと、妊娠中はカモミールティーを飲むのを注意すべきですが、産後はママの体をサポートすること間違いなしのカモミールティーということです。

 

是非お試しください。

スポンサードリンク

関連ページ

生理
カモミールティーが生理に良い効果があるというのを聞いたことはありませんか?ここではカモミールティーと生理の関係についてご説明します。
子宮筋腫
カモミールティーが子宮筋腫に効果的という話を聞いたことはありませんか?ここではカモミールティーと子宮筋腫との関係についてご説明します。
不妊(妊活)
カモミールティーが不妊解消(妊活)に効果的という話を聞いたことはありませんか?ここではカモミールティーと不妊(妊活)との関係についてご説明します。
つわり
カモミールティーはつわりに対して効果はあるのでしょうか?ここではカモミールティーとつわりとの関係についてご説明します。
乳腺炎
カモミールティーは乳腺炎などの母乳トラブルに対して効果はあるのでしょうか?ここではカモミールティーと乳腺炎との関係についてご説明します。
夜泣き
カモミールティーが夜泣きの赤ちゃんを静かにしてくれるというのは本当でしょうか?ここではカモミールティーと夜泣きとの関係についてご説明します。